ついってます→http://twitter.com/charink4073
PSO2_200x40_応援バナー03
まったりPLAY中 《ship:5 ラグズ》

2009年08月04日

愛CONツアー戦闘編

Web拍手の数がすごいことになってます。

090804WebClap1

090804WebClap2

嬉しいとともに、ちょっとした恐ろしさも感じますね…
個人情報にかかわることなんで、どうしても書けない部分も多いし。

でも、これが全てのサポーターの皆様や、
結婚したいけど、婚活もなぁ…と、悩む人達への、
ちょっとした提言になるのなら。

少しでも面白いなーと思ったら、
どうぞ↓の方にあるWeb拍手をポチっとしてやってください。
あくまでも拍手だけなんで、輪駆には一銭も入りませんし。
(グラフ見てにやにやするのが精一杯・笑)

では、戦闘編の開始です。

***

スタジアム到着〜
既に断幕も貼ってあったり、中からはチャントが聞こえたり。
僕にとっては久しぶり、かつ新鮮な光景である。

で、慌てすぎて別の入場口から入ってしまう(笑)
誰も付いて来んけん、おかしいなと思ったら…
そうだ、ダービーのときは、相手のホーム席が広いんだった。

慌てて再入場券を貰って、団体に追いつく。
輪駆さん、はしゃぎすぎですよ(苦笑)

***

入場すると、既に臨戦体制。
さすがはダービーと言ったところか。
まぁ、去年は僕もソコに居たうちの1人だが…

やっぱり、傍から見ると迫力あるんだね。
もう、大分血がたぎってきてるのが自分で分かる。
しかし、ある程度の時間までは、抜け出さない方がいいでしょ。
ぐっと我慢して、与えられた一角へ。

ちょうどアウェイゴール裏の、ピッチから見て右上隅。
前節富山戦のクルヴァ会議で「婚活ツアーの面々が座る場所をどうするか?」という議題があって、結構厳しい声が上がってたりしたので、果たしてどうなるものか?と思っていたのだが…

まぁ、試合は見易いし、むしろココ位がちょうどいい場所でしょう。



で、前述の「班分け」に従って席に着く。
(班分けはバスの中で発表されていた)
席に着くといっても、指定席というわけではなく、「この班の人は大体この辺で〜」という程度のアバウトなもの。
ここで、僕がファーストインプレッションカードに記載した人が、同じ班に分けられたから、アレはきっとここで役に立った違いない、と思ったのだが…

後々他の人に聞いたら、必ずしもそうではないと。
まぁ、自意識向上の為と言う可能性もあるか。

***

とりあえずユニに着替える。
僕もさすがに、ダービーやのに座って見てるとか、
それはどう考えても無理な話なので…

で、選手入場の頃に、クルヴァに混ざる。
とはいえ、一番後ろで、声で後押しするような、
そんな役割を勝手に奪ってました。

この辺の自分の立ち位置は難しかったなぁ、
堂々と爆心地入って、「いやぁ実は婚活ツアーにですね」と言うのも何か変な話だし(このBlog書いてる時点でその遠慮は意味がないのだが)、
やっぱり前節のクルヴァ会議の反応を見るに、
少なくともクルヴァの総意としては、あまり歓迎されてない…
そんな雰囲気もありましたからね…

でも、サポートの形は、人それぞれですよ。
最初は婚活目的だったとしても、ここから興味持つ人だって、
絶対居ると思う
し、それこそ応援に興味持って、
クルヴァに近づいてくれる人だって、居ないとは限らない。

だから、「神聖なるサッカー場に、婚活など…」
と、断じてしまうのは…さすがにそんな人いないと思うけど…
そう思われるんだったら、同じ愛媛サポとして悲しいなぁ。
いや、いないと信じてますけどね、僕は。

***

で、試合開始。

まぁ、結果は皆も知っておる通りなので、
もうここではあえて何も言いませんが…

ちなみに僕は、前半精一杯応援した後、後半は座席の方に戻りました。

やっぱり、よくよく考えるとだ…
「僕、今日は何しに来たんだっけ?」って思ってね。
そんな実力もないのに、二兎を追おうとしてた自分に気付いて、
クルヴァでの応援を諦めて、座席に戻りました。
ゴールキーパーが攻撃参加するくらいの無茶をしてた…はず。

***

その後半ですが、ツアーメンバーにとっては、
むしろ逆に「初観戦」というのが良かったのかも。

そこらのサポなら、軽く心折れるところですが、
この苦境の中でも、得点が見たい、
愛媛の選手に頑張って欲しいと思う気持ちからか、

婚活ツアーの一団からは、手拍子も上がってたし声出ししてる人もいた。
(楽しそうに応援に混ざってた方もおられました♪)
だったら僕も…と、後半最初は座って手拍子してたのだが、
最後には立って、いつも通りの声を張り上げてました。

なんか、良い感じの一体感があったなぁ。
統制された一体感のある応援もいいけれど、
こういう自然発生的な応援や歓声ってーのは、
時には、何よりも人を感動させたりすることがあるんです。

***

最初にソレを感じたのは、忘れもしない札幌ドーム。
北海道移転前の日本ハムファイターズが、移転決定から毎年札ドで試合を行うも、ずーっと勝てなかったんですが、
いよいよ来年から北海道移転というその最後の年の札幌遠征。

2-1で勝っていた、9回表の相手の攻撃のときに、
自然に、そう、まさに自然に球場から拍手や、コールが湧き起こったんです。
アレ見たとき、「間違いなくファイターズは北海道に根を下ろす」と確信できました。
それくらい感動する瞬間でした。

***

昔話はそのくらいにして…

とにかく、ツアーメンバーと一緒に居た後半は、
別にトークが弾んだとか、そう言うわけじゃないけれど、
凄く「あぁ、このツアー参加してよかった」と思ったの。

元々「今日は厳しい試合になるよ」と数多くの男性陣から、
インプットされていたので、初見の女性陣にも凄いダメージってほどじゃなかったですし。
(全く見てないから、むしろいの一番に最悪の試合を見たのは、イイコトなのかもしれません)

最後の選手の挨拶のときには、皆、拍手してました。
選手たちの一生懸命さは、スタンド上段にも伝わってましたよ。

***

でも、このまま帰ると多分マトモなトークもできないまま…
になりそうなので、と、もう一度自己紹介をして、
(これ、輪駆さんとしては凄く助かった)
最後に、5分だけのフリートークタイム。

センターのボランティアの人からも、
「はい、ここで喋って喋って、アドレスも聞いちゃって!!」
と、せかされるがままに、近くに居た人らと話す。

でも、話すのが限界でー
アドレス聞くなんてそんな恐ろしいことできませんー(>_<)
ってか「とりあえず応援行ってくる!!」ってヤツ…
いらんだろ、なぁ。

そして、フリートークはあっという間に終了し、
帰りのバスに乗り込む時間。
いよいよ、運命のカップリング誕生の瞬間が、
すぐ目の前に迫ってきたのである!!

愛CONツアー復路編に続きます〜



感想なども拍手でどうぞ。

にほんブログ村 サッカーブログ 愛媛FCへ
こっちもついでに押していただければ、より多くの人がココに気付くはずです。


***

ちなみに、明日は輪駆さん春野へ出張ですので、
そこんとこ、ご了承ください。

しかし、ジョジマールまで怪我か…
一体どうなるんだろう…
とにかく、頑張って応援してきます!!
posted by 輪駆 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ehime | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック